So-net無料ブログ作成

ヤマト2199にアンドロメダは!?「星巡る方舟」に登場なるか? [映画]

宇宙戦艦ヤマト2199の完全新作映画

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」

が、にわかに注目されています。


先日の記事(※)に

「アンドロメダ」

のキーワードで結構アクセスがあったので、

今度の映画に地球の最新鋭戦艦「アンドロメダ」が登場するのか、

期待が高まっているようです。

※前回記事はこちら
ヤマト2199 新たなる敵はガトランティス!!完全新作「星巡る方舟」はどうなる!?


次回映画「星巡る方舟」にアンドロメダは登場するのか、

登場するとしたらどんな形になるのか?

宇宙戦艦ヤマトのファンの一人として勝手に推測してみたいと思います。

andoromeda.jpeg


とりあえず、宇宙戦艦ヤマトにおける「アンドロメダ」について、おさらいです。

「アンドロメダ」は旧作シリーズの「さらば宇宙戦艦ヤマト」

及び「宇宙戦艦ヤマト2」に登場する地球の最新鋭戦艦です。


ヤマトのイスカンダルからの帰還一年後の2201年に竣工。

地球防衛艦隊の旗艦に就役します。


2連装の拡散波動砲を装備、

ヤマトとは異なり艦の運営、管理はほぼ完全自動化された地球最強の戦艦で、

同時に地球のガミラスとの戦いからの復興のシンボル的な艦でもあります。


しかし、新たなる敵、白色彗星帝国「ガトランティス」

との戦闘で、前衛艦隊を打ち破るものの、

白色彗星帝国本体との戦闘で轟沈してしまいます。


ですが、その洗練されたフォルムからアンドロメダ人気は非常に高く

ヤマトをしのぐほどです。


では、「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」で登場する可能性についてはどうでしょうか?


スポンサーリンク





結論からすると、今回の映画でアンドロメダが登場するのは

以下の理由から無理があると考えられます。


①建造の可否

そもそも、ヤマト帰還前の地球にアンドロメダを建造できたのか?

まず、日数的な問題。

「星巡る方舟」は、ヤマトのイスカンダルからの帰路上の

エピソードということになっています。

イスカンダルを後にした時点で、残り日数が199日。

ヤマトは旅立ちから一年以内に帰還しているので、

イスカンダルの帰路は199日〜365日の間、

「星巡る方舟」もまた、この間の物語ということになります。


ヤマトの建造でもやっとやっとだったので、

少なくともアンドロメダの着工は、ヤマト出発以降と考えると、

建造日数は、半年くらいにしかなりません。


現在の艦船の建造日数からするとやはり、最低限1年は建造に要しますが、

そうすると建造日数が少ない。


技術進歩で日数短縮があったとしても、疲弊しきった地球の状況下では、

新しい艦船の建造は非常に困難を極めるはず。


また、技術的にも、ヤマト2199の波動エンジンには、

エンジンを起動するための波動コアというキーアイテムが必要で、

地球側には、今のところヤマトにしかありません。

この波動コアは、地球側にとってはブラックボックス状態なので、

これが解明され、複製でもしない限り、たとえアンドロメダの艦体が出来ても、

動かすことができません。


②ストーリー的に絡ませられるのか?

無理矢理な設定でアンドロメダを建造できたとして、

「星巡る舟」ではストーリー上、アンドロメダを登場させる場面を作るのが難しい

ように思われます。


まず、物語の舞台として、ヤマトはガトランティスの艦隊から逃れ、

ワープ先で薄鈍(うすにび)色の異空間に浮かぶ惑星にたどりつくとなっていますが、

アンドロメダが仮に登場したとしても、

成り行きでたどり着いたこの惑星のあたりにアンドロメダが急行!

などといった話はさすがに荒唐無稽になりそうです。

それに、アンドロメダの設定を旧作に沿うとしたら、

太陽系内の防衛にあたるのが本筋でしょうから、アンドロメダが太陽系を離れ、

遠征するという話にはならないでしょうね。


ここまで考えてくると

ほとんどアンドロメダ登場は期待できそうにないのですが・・・

しかし、可能性があるとしたら、やはり

更なる新作の計画がある場合においてでしょう!!

「宇宙戦艦ヤマト2201」

つまり旧作「さらば宇宙戦艦ヤマト」もしくは「宇宙戦艦ヤマト2」

にあたる物語のリメイクが予定されていれば、

その伏線としてアンドロメダに関することが描かれる可能性はあると思います!

その場合は、ヤマトの帰還を待ちわびる地球を描きつつ、

新たなる戦力として新造艦の計画が進められているといった具合で

チラッと挿入される感じになるかなと予想します。

多分、参謀長の芹沢さんあたりが頑張ってそうです(笑)





まあ、このあたりの予測は、ヤマトファンの方は大方してそうなので、

「アンドロメダ」の検索があるのは、やはり「宇宙戦艦ヤマト2201」

への期待の現れなのでしょうね!


「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」

アンドロメダの扱いについても気になるところですね!!



スポンサーリンク






関連記事
ヤマト2199 新たなる敵はガトランティス!!完全新作「星巡る方舟」はどうなる!?
僕らの音楽アニソン特集!水樹奈々 が「ヤマト」を歌う?
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FreeSence

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。